blog

2012年7月15日

patagonia 2013 春夏

patagonia 2013年の春夏物の展示会のため

横浜、大桟橋まで行ってきました

Natural ActionのBOSSであるFUMIさんが

patagoniaと昔からのお付き合いがありNatural Action General Store(ログハウス内)にて

製品の販売を今年からしており

Tシャツ、水着、帽子、、、、、男性もの、女性もの、そしてキッズまで取り扱っています

そして今回は来年の春夏ものの品定め

今期patagoniaではボードショーツとヨガウェアが充実

パタロハがジェリーロペスエディションとして復活!

など目玉商品が数々ありました

色々と物色してきたのですが

話が長くなりますがpatagoniaについて少し紹介と思います

 

僕らがpatagoniaの製品を取り扱う一番の理由は

環境保護に真剣に取り組んでいる事です

環境保護への行動としてまず

コモンスレッズ•イニシアティブという事をしています

皆さん3Rという言葉をご存知でしょうか??

Reduce、Reuse、Recycle

の順で廃棄物の削減に努めるのがよいという考え方です

 

patagoniaの掲げるRは

5R

必要のない物は買わない Reduce

まだ使える物は修理する Repair

あるいは他の人に譲る  Reuse

そしてついに使い道を失った物だけ再生のためにRecycleする

自然に戻せる分だけを利用し持続可能な世界をReimagine(再考)する

 

長持ちする有益な商品を作る事で物の消費をおさえる考え方は

すばらしいと思います

これは以前ニューヨーク・タイムス紙にpatagoniaが掲載した広告で
この日は「ブラックフライデー」と呼ばれ
アメリカでは11月の第4週の金曜日はクリスマスへ向けたセールシーズンの幕開けの初日として、安売り大セールを繰り広げます
そんな日に、消費者主義の問題に正面からぶつかっていきました
より良い環境を維持していくためには、多くの人々が消費をおさえる必要があり、さらにビジネスとして製造を削減し、より高品質なものを生み出していく考えへとシフトしていく

企業側から「消費者は購買決定をする前に熟考する必要がある」と投げかける

廃棄物を少なくするためのまず始めのReduceを思い切った行動でやるとは本当にかっこいいと思います
俺はもう何も買わん! By NAO
とは言ってませんが
僕らも消費についてしっかり考えていきましょう
そしてもう一つ

皆さんはコットン製の衣類はお持ちでしょうか?

最近オーガニックコットンという言葉を耳にする人がいると思います

patagoniaのコットン製品は全てオーガニックコットン100%なのですが

まずオーガニックコットンとは?

 

今までコットンの栽培はポリエステルやナイロンなどの石油製品より環境に対して負荷を与えるものでした

過去も現在も欧米で散布される有毒農薬の25%がコットン栽培にに使用され

土壌や河川を汚染し、労働者の健康にも悪影響を与えています

そんなコットンを完全有機栽培したものがオーガニックコットンです

コットン100! By NAO

 

その他にも製品が出来るまでの過程に透明性をもたせる活動

フットプリントクリニクルや

自然環境保護・回復のため売り上げの1%を利用する事を誓約した

1% for the Planet

など

まだまだたくさん見習わなければならない様々な活動をしていて

ただその辺にあるようなアパレル企業とは一線を画している僕は思っております

 

僕たちも今よりももっと自然と仲良く楽しくつき合っていけるように

努力していきたいと思います

 

TETSU

 

Natural Action General Store↓

 

静岡 パタゴニア 販売 ナチュラルアクションジェネラルストア

  • Twitterでシェア

  • Facebookでシェア

    0

  • Google+でシェア

    0

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CATEGORYカテゴリ
ARCHIVEアーカイブ