blog

2011年4月18日

RESCUE 3 Swiftwater Rescue Technician Level 1

ども!NATURAL ACTIONガイドのSINGです。

やー日本かえって来ました。

桜がきれいに舞っちゃってますね。日本も風流でいいですねぇ。

今年も我が富士川で日本のシーズンを突っ走りたいと思いまっす!!

 

 

さて、RESCUE 3 Swiftwater Rescue Technician Level 1(以下SRT1)の受講案内のお知らせです。

 

そもそもRESCUE 3って何?って方はたくさんいると思います。

RESCUE 3は、アメリカ合衆国に本部を置く、緊急救助活動に関わる民間団体の名称です。

主な活動は、定期的に開催しているレスキュー講習会や、実際の事故におけるレスキュー活動、さらに新しいレスキュー 技術や道具の開発などが挙げられます。
特に、川におけるスイフトウォーター(急流)レスキュー技術は、他に類を見ないほどの完成度の高いシステムとして、 世界中の各方面より高い評価と信頼を得ています。

この講習会には、創立以降1998年までの約20年の間に、全世界で6万人以上の受講生が参加しており、 各国の有資格者は、実際の遭難現場での救助活動や、フィールドにおける安全指導・啓蒙活動の指導者として活躍しています。

なかでも本拠地アメリカでは、ウォータースポーツ関係者に留まらず、日常的な水難事故や洪水被害における救助活動に公務で従事している 消防・警察関係者の受講者が大半を占めており、実際の事故現場で多大な成果を上げています。

 

今年もそのRQ3のSRT1講習をここNATURAL ACTIONで行ないます。

日程は4/30、5/3~4です。

1日目は座学、2,3日目は実際に川に出て実技を行ないます。

 

 

ロープやカラビナ、プーリーなど実際のレスキューギアをを駆使し、

 川に足をとられた場合や

沈んだ人の探索などいろいろな状況を想定してやっていきます。

 

 
ライフジャケットやヘルメットなど自分のものがない方はこちらで貸し出すこともできるので、気軽に問い合わせてください。

 

 

 

講師は日本で10人のIRIA(インターナショナルレスキューインストラクターアソシエイション)公認のスイフトウォーターレスキューインストラクターの佐野文洋さん。

NATURAL ACTIONのボス FUMIさんです。

 

 

去年自分も受けたんですが川の危険な場所やロープワークなど川で遊ぶのに必要な知識がこの講習には詰まっていました!

これからどんどん暑くなっていくので水場へ行く機会が増えると思います。

特別な職業の方以外にも、パドルボードやカヤックなどを楽しむ一般の方にもおすすめですので是非ご検討ください。

いざという時に頼れるお父さんになりませんか?

お申し込方はこちらからどうぞ!

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

  • Twitterでシェア

  • Facebookでシェア

    0

  • Google+でシェア

    0

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

CATEGORYカテゴリ
ARCHIVEアーカイブ